コラーゲン 必要量

コラーゲンの必要量は?

コラーゲンは臓器や皮膚、骨など、あらゆるところで大きな役割を担っている栄養素です。

でも、健康を維持するのに必要なコラーゲンの摂取量ってどれくらいなんでしょう?

コラーゲンの必要量は、年齢や身長によっても違ってきますが、20代なら2~4g、60代になるとその倍にあたる5~8gが必要量となっています。

毎日できるだけ必要量を摂取するように気をつければ、アレルギー疾患にも効果が期待できるそうです。

ただコラーゲンを過剰に摂取しすぎると副作用の危険性も・・。
コラーゲンの摂り過ぎは禁物です。

コラーゲンとアレルギー

コラーゲンは毎日必要量を摂取すれば健康に役立ちますが、必要量を摂取できず、コラーゲン不足が続いている状態だと、アレルギーが悪化してしまうことも・・。

コラーゲンとアレルギーには一体どんな関係があるんでしょうか?

アレルギーは血液中の白血球と関係がありますが、コラーゲンはこの白血球に働きかけ免疫機能を改善してくれる効果があります。

そのため、必要量が不足した状態だと、免疫機能をアップさせることができず、アレルギーの改善も望めません。

アレルギーの予防&改善には、必要摂取量のコラーゲンをきっちり補うことが大事なんです。
但し、過剰摂取は副作用を引き起こしてしまうので、注意しましょう。

コラーゲンって副作用はある?

コラーゲンは必要量を摂取することが大事ですが、副作用ってあるんでしょうか?

コラーゲンは必要量が摂取できず不足状態だと、アレルギーの悪化など様々な弊害をもたらしてしまいます。

でも必要以上の摂取量でコラーゲンを補っていると、それもまた弊害を招いてしまうんです。

コラーゲンの副作用として、体のしびれやかゆみなどが現れることも・・。
コラーゲンは必要量を守って毎日摂取することが、健康維持には重要なんです。