コラーゲンと膝の痛み

コラーゲンってどんな成分?

コラーゲンは皮膚や骨、内臓、筋肉、軟骨、髪などに存在する繊維状のタンパク質です。

コラーゲンは細胞と細胞の隙間を埋めるような存在なので、肌ならシワやたるみなどの予防、関節なら軟骨のすり減りを予防するのに効果があります。

加齢による膝の痛みは、軟骨のすり減りが原因となっていることが多いので、コラーゲンと膝の痛みには深い関係があります。

膝の痛みを改善するには、コラーゲンは必要な成分なんです。

コラーゲンの効能により、膝の痛みを軽減させることができるからです。

コラーゲンは膝の痛みに効くの?

コラーゲンは膝の痛みに対してどのような効能があるんでしょうか?

コラーゲンを合成する能力は年齢と共に減少してくるため、年をとればとるほどコラーゲンは不足してしまいます。

コラーゲンはクッションのような役割を果たしているので、これが不足すると、クッションの効果がなくなり、膝の軟骨がどんどんすり減って膝の痛みを発症してしまうんです。

コラーゲンを十分に補給することで、軟骨のすり減りを最小限に抑えることができて、膝の痛みも予防できます。

コラーゲンは何で補給すればいい?

コラーゲンを補うことで、膝の痛みを改善&予防することは可能です。

だから膝の痛みがツライ時には、コラーゲンを食事やサプリで補うといいでしょう。

コラーゲンの効果で膝の痛みを緩和することもできますが、コラーゲンだけでは効能として十分ではないので、コンドロイチンやグルコサミン、ヒアルロン酸、カルシウムなども一緒に補うようにしましょう。